妊娠中のママへ

妊婦さんに知ってほしいお口の話

妊娠中の自身の健康と
これから産まれてくる
可愛い赤ちゃんのために
今、できること。

はじめに

妊娠による身体の変化はお口の中にも著しく現れることがあります。ホルモンバランスの変化、食生活の変化などが妊婦さんのお口の環境を悪くします。当院では妊娠中からの定期管理を勧めています。

なぜ妊娠中に歯医者に通うの?と思う方がいるかもしれません。
妊娠中の口腔ケアで産後の自分、また生まれてくる赤ちゃんを虫歯や歯周病から守ることができます。

当院で行なっているプレママ歯科とは?

歯科の分野で行える、出産のサポートと
生まれてくる赤ちゃんが健康に育ってくれるための準備をします

当院では妊娠初期の妊婦さんにも3ヶ月に一度の来院を提案し、担当の衛生士が妊娠期の口腔ケアの重要性を伝えながら、-1歳(お腹の中にいる時)から始める予防のお手伝いをいたします。

自身の健康維持のために今できることは何か、産まれてくる赤ちゃんのために今のうちからできることを、患者様一人ひとりのリスクと生活背景に合わせてご提案します。

1歳未満の赤ちゃんも歯が生え始めたら来院いただき、歯が生え揃うまでに虫歯菌、歯周病菌の感染を防ぐ予防診療を専門に行っております。

妊娠中からできる虫歯、歯周病予防

妊婦さんがかかりやすいお口の病気:妊娠性歯肉炎

一般に妊娠をすると歯肉炎にかかりやすくなると言われています。これは女性ホルモンが歯周病の細菌増殖を促したり、歯肉の形を作る細胞が女性ホルモンの標的となること、また炎症の元である物質を女性ホルモンが刺激するなどして歯肉炎が起こりやすくなるのです。

基本的には清潔なお口の中では起こらないか、起こっても軽度で済みます。ですが油断をすると出産後に本格的な歯周病に移行する場合もあるのでとても注意が必要です。

妊婦さんが歯周病になってしまうとどうなるの?

さまざまな病気が歯周病と深く関わりがあることをしっていますか?妊婦さんが歯周病になってしまうと、早産や低体重時出産のリスクが高くなることが指摘されています。

そのリスクは健康な人と比べて実に7倍にものぼると言われ、タバコ、アルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字なのです。

確実な虫歯、歯周病予防を行うためには…

妊娠初期はつわりで歯ブラシをするのが大変な時期です。
無理に歯磨きを行おうとせず、体調の良い時間に歯磨きを行いましょう。なるべくヘッドの小さい歯ブラシを使用し、嘔吐感が減るように舌に歯ブラシを当てないよう小刻みに磨くことをお勧めします。

妊娠中期では食べる回数が増えやすく虫歯になりやすいです。体調が安定していればこの時期に歯科で虫歯がないか、歯周病にかかってないか診てもらうことが大切です。

妊娠後期ではご自身だけでなく、もうすぐ生まれてくる赤ちゃんのことも一緒に考えましょう。虫歯菌(ミュータンス菌)は垂直感染でお母さんのお口の中にいれば赤ちゃんも持って産まれてきます。この菌は3歳まで身近な人からの唾液を介して感染をします。赤ちゃんが虫歯にならないために妊娠中からのキシリトールの摂取を当院ではすすめています。キシリトールは虫歯菌の活動を抑制するとともに汚れを柔らかくしセルフケアをしやすくしてくれるので妊婦さんに積極的に摂ってほしい甘味料です。